魅力アカデミー主宰 Harumi

NYにて20年、ヘアーメイク、ヨガ、NY流ダイエットを通じ、2000人以上の魅力を引き出す。2006年に帰国。個人の魅力を引き出すセミナーや、講演活動を開催。

自分魅力を見つけ、自信をもって自分と社会のために生きる人財を育成し日本に魅力人革命を起こす事が夢。
祖母は山野愛子、母は国際魅力学会会会長マダム路子。実弟は芸人の品川祐。笑いと感動のセミナー、講演が人気。

記事一覧(5)

骨を綺麗に見せて魅力的に

骨フェチのHarumiです( ̄▽+ ̄*)骨が綺麗に出ているボデイが好きです。男性でも女性でもね!眼が行ってしまうのは鎖骨、くるぶし、アキレス腱のあたりの骨、肩甲骨、手の甲の骨。この辺の骨がうっすらとした脂肪が乗った状態で綺麗に見えるのが理想。あんまりガリガリでは、ダメなんですなあ。反対に見えて好きじゃない骨は、ろっ骨の下側の骨、ウエストの上に突き出してると、痩せていても好きじゃない。よく、欧米のモデルにやたらと痩せていて、この骨が出ている人がいる。そうすると、ろっ骨が開いているので、ウエストのしまりがなくてずん胴に見えてしまうんですね。これは、魅力アカデミーで、エレガンストーニング協会の守田千明さんと美姿勢トーニングのプログラムしていく中で、肋骨が開いてしまう理由と、開かない姿勢を作るエクササイズを学んでから、どうしてそうなってしまうのか私の疑問が解けたのですが。私はなぜか付き合う男性がみ~んな(ちょっと見栄はり?( ´艸`))痩せている人が、多かった。(絶対見栄!)10代の時に相手から言われて付き合った人がある日、急に自分より痩せている事がホントに急にコンプレックスを刺激される気がして、突然別れ宣言してしまったことがあります。若かったな…あの頃。(/ω\)Mさんごめん。20代の時に付き合っていた人もすごく痩せていて、私のスカートをゆるゆるに履いて踊っているのが許せなかったなあ。(-""-;)男性でも痩せてるだけではなくて綺麗な筋肉と骨が見える人が素敵ですよね。ダデイは元体操部の筋肉質で、初めて太ももが私より太い人で、首も太いけど、鎖骨や肩甲骨も綺麗。なのにお尻はすごく小さい逆三角形。まあ合格といえましょう(エラソ~( ̄_ ̄ i)自分はと言えば、鎖骨くるぶし、アキレス腱のあたりはヨガを始めてから、むくみが取れたようで、逆に若いころよりも綺麗に出ています。

冷え性の自覚のあるなしに関わらず冷えてます

冷えには3つのパターンがあるそうです。人間は食べたものを熱に変換するのですが、1、内側で熱が作られるが末端にうまく届けられない、 この場合は、手足に冷えを感じているので自覚があるそうです。2そもそも、熱に変える力が弱い。食べたものを熱に変える事ができない食べても太らない体質ですが、エネルギーが低め。先天的で、生まれた時からそういう体なので、冷えの自覚はない3熱も作れるし、末端にも届くのに、熱を放出してしまい、内側で燃焼できない。冷えの自覚はなく、太りやすく、汗をよくかくタイプ。私はまさしく、1のタイプの冷えでした。yogaを本格的に学び始めた20代の頃、師匠に「あなたは中で熱が充満しているのに、末端に届けられないタイプだね。体の熱を出す努力=汗をかく 事をしたほうが良いよ」とアドバイスされました。ところが、汗がかけない。ちょっとやそっとの運動、サウナでもまったく汗がでません。ホットヨガのビクラムヨガに出会い、特殊な環境下においては、ものすごく汗をかけることを始めて経験し、ああ、熱が体から出るということの気持ち良さを実感しました。しかし、日常の生活の中では、なかなかそんな風に汗をかけないため、人間的にはエネルギッシュパワーもあるのに、体が虚弱体質で、風邪をひきやすく、でも熱が出せないので、だらだらと治らない。長年ゆるゆるとでもヨガを続けて来たおかげで、なんとか3人の子供を育てながらも、NYから大阪、介護生活を経て、東京で起業、様々な活動を続けてこられましたが、虚弱体質はなかなか治らず、特に手足の冷えは更年期世代ということも相まって、年々ひどくなり、夏は冷房、冬は寒さに、体がいつも辛いという状態でした。サイエンススキンケアに出会い、お肌のお手入れの中心が「血行をあげる」事だったことに納得。私の老け顔の原因は、熱を末端に届けられない=血行が悪いことだったのです。お顔だけでなく、お風呂でも、サイエンススキンケアにて、イオン購入と生体電流を使った血流アップのケアを始めて2年半。あれほど虚弱体質で、目の下のクマ、顔色の悪さ、持続力のなさ、がすっかり改善し、風邪を引けば、熱が出てあっという間に治る。粘膜が弱く長く続く咳や鼻水に悩まされていたのも嘘のように、風邪の引き方も、「目が乾燥⇒体が思い⇒発熱⇒回復」という、超スピードで回復出来るようになりました。人間的エネルギー=生命力みたいなものは、決して弱くなかったと自分でも思うのですが、この虚弱な体質を治すのに、ほんの5分程度のバスタイムや、お肌のお手入れで長年の辛さから改善されたこと、本当に嘘のような私の体験です。結果、血行が上がった事で、もともと意識的に食事を考えてきたので、血液の質は良かったのでしょう。お肌の質ももちろんアップ